2020年11月27日

文学フリマ参加しました

11月22日、文学フリマ東京が流通センターで開催されました。
コロナの影響でイベント中止が相次ぐ中、開催された主催者、スタッフの方々へ深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて、久しぶりのイベント参加にワクワクしながら設営し、新刊を並べました。
今回はのり、えり、ふたりとも新刊があり、頑張りました。
一般参加者さんたちはけっこう若い方も多かったです。サークルさんたちの中には同世代か、少し下くらいかなという年齢層の方もいましたね。
それにしても文芸誌とはいえ、装丁の美しさや華やかさのある本が多く、圧倒されました。イラストやら、写真やらがカラーの表紙は確かにインパクトありますね。羨ましいなぁ。
資金面もありますが、いつかカラー表紙の本、出せたらいいな。
まず中身が出来ないとですけどね。
新刊に興味もっていただけて、2冊ともお買い上げいただいた方がいて、うれしかったです。
まあ、その方だけでしたけどねw
次回参加する時には、仏像のポスターでも作って、アピールしようかと話しています。
よろしく、えりさん(イラスト担当)ww
posted by のり at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報

2020年11月19日

文学フリマ開催間近!!

文学フリマ、いよいよ11/22開催です!!!
是非お立ち寄りください!新刊ありますw

「ばちあたり!」
小説|ファンタジー・幻想文学
キ-41 →配置図 (eventmesh)
のり(本間範子/藤間理乃)、えり
http://www.ba-chi.com/
創作小説大好きなのりとえりの二人サークル、1995年から細く長く続けています。長編密教ファンタジー『両界伝』、長編SFファンタジー『異能の素子』が代表作。短編、18禁BL小説もあります。

新刊
「おどり木」本間範子
「バイカル湖で星を数えて」 堀江恵理
posted by のり at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報