2008年02月24日

『あとがき』第22回

二週間ぶりに更新。
このところ、仕事も忙しく、
かつ、お下劣ゲイ小説に逃げているということもあり、
進みが悪いっす。

説明的部分が多くなっているので、
表現も難しいし、説明大杉のご意見もあって、
へこみつつ進めないことには終わらんので、
がんばってます。
でも、実は終わりに近付いているのがわかるので、
ちょい鬱なんです。
「両界伝」のときもそうだったんですが、
長く書いているせいもあって、
寂しい気持ちになってくるんですね。
でも、物語は完結させないといけないというのが、
ポリシーだし、書き始めたらそれが使命だと思う。
昔けっこう同人誌イベントに出ていたときに、
連続ものとかで好きな作品とかあって、
漫画も小説もいろいろあったんですが、
未完のままという作家さんもいて、
残念な思いをしてきました。
同人だから、そんな義務はないかもしれないけど、
でも、やはり少しでも読者がいるってことは、
その話の結末が知りたいわけです。
そのためにもきちんと話は終わらせないといけません。
どんな形であっても。

というわけで、鬱気味になりながらも、
突き進んでいくわけです。
まあ、そんな本間も昔は未完のままのものもありまして、
今さらですので、書きませんが、
自分でも残念だったなと思っています。
十代のころですけどね(;´∀`)・・・うわぁ・・・
posted by のり at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔導師
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11343228

この記事へのトラックバック