2008年09月30日

「黄金の魔獣」vol.2

※こちらの記事は18禁です!その上、BL系です! ご注意下さい※

 アダンガルは、もともと女が苦手だった。後宮の女たちの醜い争いを見てきたせいなのか、そうではない女もいるとはわかっていたが、関心が湧かなかった。その上、ひとつ年下なのに十二で、すでに酒と女で爛れた生活をしているヨン・ヴィセンや女好きの兄王のようになりたくないという気持ちがあって、ことさらに避けていたのだ。いずれは王族の義務として妻を娶り、側女を置き、継嗣を儲けなければならないことは重々わかっていたし、義務を怠るつもりはなかった。だが、義務以外は避けたかった。

 十三のとき、ヨン・ヴィセンに媚薬を飲まされ、無理やり女を抱かされたが、女を知ってもその気持ちは変わらなかった。側に置いて心地よいのは男だった。女をはべらせて過ごすより、側近や軍部の部下たちと遠駆けしたり酒を酌み交わすほうが楽しかった。男を抱きたい、いや、抱かれてもいい。相手の男が望むならとすら思っていた。

 十七のとき、西オルトゥムが新王即位のときの『慣わし』で戦争を仕掛けてきた。本来は王太子であるヨン・ヴィセンが出征すべきだったが、国王がアダンガルを大将軍に任じたのだ。そのときに副官になった将軍は、まだ二十代半ばの若い軍人だった。大公家の三男で、豪胆で気さくな感じで、部下たちにも慕われていた。アダンガルにも深い敬意を払い、若いふたりは意味のない形式的な戦争を終わらせたいと意気投合して、西オルトゥムの王都にまで攻め入って、二度と『慣わし』で戦争は起こさないと約束させた。

 その戦勝の祝賀会の夜、宴が終わってから、ふたりで祝杯を上げていたとき、将軍は、アダンガルに告白してきた。「あなたを抱きたい」と。アダンガルが不埒なと怒ると、どうか手打ちにしてくれと首を差し出した。だが、アダンガルも将軍には惹かれていたのだ。身体を重ねることを想って身体を熱くしていた。同じ想いだったと知り、アダンガルはその夜、将軍に抱かれた。
(続く)
posted by のり at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 18禁ゲイ小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20301085

この記事へのトラックバック