2007年05月03日

厳しい批評いただきました

魔導師シリーズについて、厳しい批評をいただきました。
公開するかどうかは、相手様との話によるのですが、
正直へこんでますですorz
相棒や同人仲間からの突っ込みもけっこう厳しいものがあるのですが、文章で読むとまたさらにズキリとします。

とはいえ、今書いている根本的な文体や姿勢、キャラ設定などについては、変えようがないし、これが『本間』の持ち味だいという開き直りもあり、ご批評はありがたく頂戴しますが、この作品については、このまま突っ走るしかないかなと思ってます。

しかし、さすがに今日は一行も書けなかったです。
それほど頑強な精神は持ってないです。
うーん、むしろ、へこむ性質かな。

今日はもう寝ます。
posted by のり at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
かなり破壊的な感想を書いてしまったかなーと思っています。
うーん。
しかしあるものはあるないものはないと率直にありのままに書くのが感想ですからどうしようもないのです……しかしながらまた感想というものは、所詮、主観の報告書です。主観がすべて同じであることはありえません。あれはわたし個人の主観の報告書です。
あなたの作品を愛する人は必ずいますし、作品と個人はまた別の問題です。
そいでまぁわたしの作品のほうでも見て「ひとの事いえねぇようなくっだらねぇもん書いてやがんなぁコイツーあははははー」とか笑ってみてください。
そいではー。
Posted by 林 at 2007年05月09日 00:20
こちらまでお越しいただきありがとうございました。
いやいや、けっこうリアルでも言われるのですが、文章で書かれると何回も読み返すじゃないですか。それで、ずーんとなったので。
大変ありがたいことです。
いや、逆になにか言われてまったく堪えないヤツのほうが問題でしょうから、いろいろ悩むのはありだと思っています。
星の数ほどある、または砂浜の砂のごとくあるオンライン小説、このように林さまにめぐり合えたのはなにかの縁でしょう。
「縁」は大切に。
けっこうモットーです。
Posted by 本間 at 2007年05月09日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3884075

この記事へのトラックバック